【SEOクイズ】「出口」と検索するとヤフーが1位なぜか?

両立支援等助成金(2021年度版)

引用可能記事

「育児休暇」に関する助成金です。

男性社員が、育児休暇を連続5日間取得した場合に67万円/名。家庭に子供が産まれてから8週間以内に休暇に入る必要があります。2人目以降の育休取得の際は14万円~33万円を受け取ることが可能です。

女性社員が連続3ヵ月以上の育児休暇を取得・復帰をした場合に57万円/名。正社員、バイト等のそれぞれ1名、合計2名分の受給が可能です。育休取得前に申請する必要があります。

支給額

子育てパパ支援助成金

最大84万円

介護離職防止支援

最大36万円

育児休業等支援

最大36万円

新型コロナウイルス感染症対応特例

上限50万円

出生時両立支援コース(子育てパパ支援助成金)

男性労働者が育児休業や育児目的休暇を取得しやすい職場風土作りに取り組み、子の出生後8週間以内に開始する連続14日以上(中小企業は連続5日以上)の育児休業等を取得した男性労働者が生じた事業主に助成するものです。

介護離職防止支援コース

「介護支援プラン」を策定し、プランに基づき労働者の円滑な介護休業の取得・復帰に取り組んだ中小企業事業主、または介護のための柔軟な就労形態の制度を導入し、利用者が生じた中小企業事業主に支給するものです。

育児休業等支援コース

育児休業の円滑な取得・職場復帰のため次の取組を行った中小企業事業主に支給するものです。

新型コロナウイルス感染症対応特例

小学校等の臨時休業等により子どもの世話をする労働者のために特別休暇制度及び両立支援制度を導入した事業主が、特別休暇の利用者が出た場合に、ひとりあたり5万円(10人まで、最大50万円)が支給するものです。

この助成金の詳細

2021年両立支援等助成金

コメント