【SEOクイズ】「出口」と検索するとヤフーが1位なぜか?

補助金申請・助成金申請の代行

「補助金・助成金の申請」を行政書士に代行を依頼したい方、ご相談・お見積りは無料です。採択に至らなかった場合は着手金のみで、行政書士報酬はご請求いたしません。
「創業計画書」「事業計画書」など幅広く対応いたします。「申請書添削をしてほしい」「申請にあたって要件を満たしているかどうか知りたい」だけでも受け付けます。気軽にご相談ください。

補助金・助成金とは

事業者が国・地方公共団体の施策に沿った事業を行う場合、その内容を申請することで給付金が支給される制度です。融資や貸付ではありませんので、返金する必要はありません。

補助金・助成金のおおまかな違い

補助金は「事業」に対して支給され、助成金は「雇用」に対して支給されます。補助金は「審査」を通過すると支給されるため、不採択(不合格)の場合は支給がありません。助成金は「要件が足りていれば」支給されるので、ほとんどのケースで申請すれば支給があります。

補助金
  • 法人税を納めている事業主が対象
  • 事業に対して支給される
  • 審査に合格する必要がある
  • 不合格で支給されない場合もある
助成金
  • 雇用保険の適用事業者が対象
  • 雇用に対して支給される
  • 要件が足りている必要がある
  • ほどんどのケースで支給される

補助金・助成金の申請を行政書士に委任するメリット

補助金・助成金の支給を受けるためには、申請書類にて「支給対象である」ことを伝える必要がありますが、申請条件がわかりにくかったり、申請書類の種類が多かったり、手続きの全体を把握するだけでも時間を要します。また、申請期間が短いケースが多いので、迅速に要項を把握し、的確に必要な書類をそろえていくためには、大変な労力と時間を要するかと思います。本業や開業準備に専念したいと考える方は、行政書士に委託することをおすすめします。

助成金の申請は社労士が対応

雇用関係の助成金申請代行は社労士のみが行うことができるため、行政書士に依頼があった場合は社労士をご紹介させていただきます。

申請を行政書士に委任するメリット
  • 本業に専念することができる
  • 補助金申請の経験のある行政書士を選ぶことができる
  • 採択後の事業実施報告書作成の際も気軽に相談できる

申請までの流れ

お問い合わせ

ご依頼やご相談の内容をお問い合わせフォームからお送りください。スマートフォンやパソコンからお送りいただけます。(お電話でのお問い合わせもお待ちしております。)

お打ち合わせ

事前にお電話やメールなど、ご希望の方法で確認事項や必要書類などについてご連絡いたします。

実際にお会いして、丁寧にヒアリングさせていただきます。また、Zoomなどリモートでのお打ち合わせも対応可能です。

ご提案、お見積り

お打ち合わせ後、書面にてお見積りをお送りします。メールや郵送など、ご希望の方法で送付が可能です。

ご契約、業務着手

お見積り内容にご納得頂けましたら、ご契約させていただき、着手金のお支払いが確認できましたら「正式なご依頼」とさせていただきます。

委任状などにご記入、押印いただき、必要書類をお預かりしましたら、業務に着手いたします。

業務完了

書類作成が完了しましたら、内容の確認をしていただき、差し支えなければ申請書の提出を行います。

ご希望がございましたら、採択後のアフタフォローも対応しております。

お支払い

すべて完了しましたら、報酬の支払い請求をさせて頂きます。また、お預かりしておりました書類などをご返却いたします。

ご依頼が複数になった場合は月ごとにお支払いをおまとめすることも可能ですので、お声掛けください。