【SEOクイズ】「出口」と検索するとヤフーが1位なぜか?

制作・保守・解除の流れ(ウェブ屋と一般制作会社の比較)

1、ヒアリング

一般制作会社

営業担当が行政書士の先生方に対してヒアリングを行います。この先ウェブ完成まで、営業担当がウェブ制作に関する窓口となります。

ヒアリングの内容は、行政書士の先生方の業務内容から、ホームページが必要な理由と目的、デザインや機能など多岐に渡り取り決めをしてく必要があります。

営業担当がウェブ制作を行うわけではないため、取り決めした内容を、具体的に第三者(デザイナーもしくはコーダーまたはディレクター)に分かりやすくまとめ伝えます。

ウェブ屋+行政書士

ウェブ屋(行政書士)が行政書士の先生方に対してヒアリングを行います。サイト運用も含めたすべての連絡窓口が変わることなく私が承ります。

ヒアリングの内容は、行政書士の先生方の業務とウェブサイトの目的を中心にお聞きいたします。短時間で重要な部分をすり合わせることができます。

ヒアリングを行った本人がウェブ制作を行うため、意思伝達の工数の削減ができ、勘違いによる納品物の方向性の違いも発生しにくい環境です。

2、提案と見積もり

一般制作会社

営業担当とウェブプランナーとウェブディレクターが、ヒアリングでまとめた内容をもとに企画を行います。主にホームページの目的を明確にし、目的を達成までのスキームをまとめます。

①集客、②ページ内容、③デザイン、④機能などの多岐に渡るベクトルから提案内容をまとめ、スケジュールやメンバーも含めてご提案と見積もりをします。

ウェブ屋+行政書士

ヒアリングと同時に提案と見積もりを行います。行政書士がウェブサイトを持つ目的は、「行政書士本人が既に業務を行っており、名刺代わりのウェブサイトが必要」な場合と「積極的に集客を行い成約に結びつけるウェブサイトが必要」な場合の2つに限られるようです。

また、制作目的のサイトが、当サイトのプラン内の場合、制作費用は10万円にて承っております。

3、契約

一般制作会社 & ウェブ屋+行政書士

お見積もり金額と契約書に納得いただけた場合、ご契約ください。(委託金額・委託金の支払い時期・納品物の納期・所有権と著作権・検収と納品・瑕疵担保責任の記載・アフターサポートなどの記載があるか確認しておきましょう。)

4、構成ラフ

一般制作会社

ウェブプランナーが、ご提案した内容を元に構成ラフという設計図を作ります。ページ毎に、どの内容をどこに表示するかなど、情報を整理してレイアウトしていきます。

ウェブ屋+行政書士

サンプルサイトと同じような構成で作成するため、特別に構成ラフは作成しません。

5、デザイン

一般制作会社

デザイナーが、作成された構成ラフをもとに、目的に沿ったカラーの選定・雰囲気・テイストといった要素を決定し、デザイン見本を作りあげていきます。

ウェブ屋+行政書士

サンプルサイトと同じような構成で作成するため、特別なデザインは発生しません。

6、コーディング

一般制作会社

コーダーが、デザイン見本をもとに、HTMLやCSSなどを使用し、デザインをウェブサイトに表示できるように、コーディング見本を記述します。

ウェブ屋+行政書士

サンプルサイトと同じような構成で作成するため、特別なコーディングは発生しません。

7、プログラム

一般制作会社

プログラマーが、デザイン見本とコーディング見本をもとに、PHPやMYSQLなどを使用し、特別な技術がなくてもウェブサイトが更新できるように、WordPressに連携します。

ウェブ屋+行政書士

ご契約いただいた場合、ここから作業開始します。サンプルサイトを直接修正してご提案した内容に近づけていきます。

ホームページのデザインを変更せずとも、使用している写真を変更すれば相当印象は変わります。テンプレートで作成しますが個性を出ことは可能です

ウェブプランナー・デザイン・コーディング・プログラムを1人で行うからこそ、この工程からスタートできます。

8、デバック

一般制作会社

ウェブサイトの誤字脱字などの最終校正や、お問い合わせフォーム、更新システムの動作確認などを行う最終的なチェック段階となります。

ウェブ屋+行政書士

ウェブサイトの誤字脱字などの最終校正や、お問い合わせフォーム、更新システムの動作確認などを行います。しかし、当サイトのプランは保守契約も前提のお付き合いですので、不具合があればリリース後迅速に対応いたいます。

9、公開

一般制作会社 & ウェブ屋+行政書士

行政書士の先生方の最終確認が済んだ場合、公開日付を決め公開作業を行います。

10、保守契約

一般制作会社

制作会社によって違いますが、保守契約を行う制作会社のほうが多いように思えます。個人の行政書士のウェブサイトの場合、保守費用は、経費別で5000円~5万円程度が妥当です。

ウェブ屋+行政書士

必ず保守契約を行います。保守費用は1万円にて承っております。アクセスがされるウェブサイトに成長できるよう継続的に管理・診断させていただきます。

11、保守契約の終了

一般制作会社

保守契約の内容によりますが、ドメイン・納品後アップロードされたファイルデータ・データベース内のデータの所有権は委任者に帰属し、ワードプレスから増築された更新システムの著作権は受任者に帰属することが多いようです。

上記の場合、保守契約を解除し、別のサーバーに引っ越ししたいとき、更新システムが無いため、現実的には引っ越しには困難をほぼ不可能です。

ウェブ屋+行政書士

ドメイン・納品後アップロードされたファイルデータ・データベース内のデータの所有権は委任者に帰属します。更新システムはワードプレスのみを使用していますので、ワードプレスが無料提供されている限り問題なく引っ越しできます。

ただし、引っ越しにかかる費用は委任者負担とし、引っ越し後のウェブサイトの不具合は、受任者は責任を負いません。(引っ越し先のサーバーが分からないため責任が負えません。引っ越し先のサーバーの関係ホームページ制作会社にご相談ください。)