【SEOクイズ】「出口」と検索するとヤフーが1位なぜか?

ウェブについて

「ウェブ屋」とは

ウェブ屋とは、ウェブ作成と運用に関わる全ての作業を1人で行う人を現します。通常1つのウェブサイトは、何人ものプロが関わって作成していきます。例えるのであれば、ウェブ作成は戸建てを購入することに近いです。

作成と運用に関わる人を挙げると「ウェブディレクター(仕事を取りまとる)」「ウェブプランナー(利便性を考える)」「ウェブデザイナー」「コーダー(HTML)」「ウェブプログラマー」などが必要です。その先ウェブは運用されていかなければならないので、「マーケティング運営(広告やコンテンツなどを管理)」「インフラ(サーバー運用)」などが必要です。

私の15年のウェブ経験において、ウェブ作成から運用までを経験しウェブ屋になり、その後、行政書士になりました。おそらく、ウェブ屋+行政書士はなかなかいません。

このキャリアを生かして、行政書士の先生方と共に「集客できるウェブサイト」の作成の提供を目標としています。ウェブ屋に加えて行政書士であるので、一歩踏み込んだご提案ができるのではないかと考えています。

大事なものはコンテンツ

ウェブに訪問させ集客させるために必要なものはデザインではなくコンテンツです。

ご自身がウェブサイト訪問したときのことを考えてください。何かを探す場合で検索を使う場合、キーワードで検索しトップページでない記事ページがヒットし、タイトルで訪問するかどうかを決定し、訪問してそこに求めている内容が無かったらすぐに戻って次のサイトに訪問していませんか?

大事なのはコンテンツです。文字が読みにくい・色使いがチカチカする等のマイナス要素がなければ、デザインは考慮せずに読み進めます。特にスマホのアクセスが多くなってからは、装飾などによるデザイン性ではなく、文字の読みやすさによるデザイン性のみが重視されます。

ほとんどのコンテンツ作成はウェブをリリースした後から作成します。私のウェブ屋としてのキャリアを生かしたアフターフォローをさせていただきます。

過去の最高アクセス

2017年に運営していたブログのアクセス解析

このアクセス解析は、自分が2017年にブログ運営に力を入れていたときのグーグルアナリティクスのキャプチャになります。自然検索のみで1か月で70万人(横浜駅の東横線と京浜急行の1日平均乗降人員ぐらいの人数)近くのユーザーが訪問してくれました。

2021年に同様の力を注げば同様なアクセスが得られるわけではないので、アクセスを集めることを約束できるわけではありませんが、この当時の経験をお伝えすることができます。

たとえば、相当の努力もしくは広告費によって「横浜 相続」のビッグワードで1位にできたとしても、横浜にいる人が相続関連のことを探していることまでは絞れていますが、それは、相続税や裁判を心配しているのかもしれません。集客力はあるワードですが成約率は下がります。(広告ならば、クリックされて費用は発生するが成約に結びつかない)

「横浜 相続」よりも少ない努力もしくは広告費によって、「横浜 終活」「横浜 エンディングノート」のワードで1位だとしたらどうでしょうか?具体的にそして細分化されたワードなら、集客力は下がるかもしれませんが、成約率は上がると考えられています。(広告ならば、クリックされて費用は発生しにくいが成約に結びつきやすい)

当時の経験を元に、行政書士業務に置き換えてお伝えできます。

ウェブサイトの値段の目安

最近リリースした車庫証明一括見積もりサイト

ウェブサイトの制作費用は関わる人の工数(時間)によって決まってきます。関わる人が増えれば、必然的に「ウェブディレクター」が必要になりますし、関わる人同士の伝達コストもかかってきます。

1人のウェブ屋に制作依頼をしたほうが、関わる人が少なくて済むので、はるかに制作費用を抑えることができます。(ただし、量産型のウェブサイトを提供しているサービスは除きます。)

もちろん、ウェブ作成と運用はイニシャルコストのみで決定できるものではありません。大きな制作会社ならスタッフの数が多いので納期が早いでしょうし、最先端の技術が用いられてるかもしれません。デザイナーが介入するのでかっこいいサイトが作成できるでしょう。必要に応じて選択してください。

まずは、お電話やお問い合わせフォーム等でご相談いただけたら詳細ご説明いたします。