【SEOクイズ】「出口」と検索するとヤフーが1位なぜか?

制作会社の言うSEO戦略の現実

怖い営業トーク

ウェブページは、グーグルによってデータを集約され、その内容にマッチする検索ワードでヒットするように索引されます。収益性があるワード(相続など)はみんなが狙ってヒットさせようとするので100位以内入ることも難しい現実があります。

検索が上位になるためには様々な要件が必要です。「検索ワードに内容がマッチしているか」「コンテンツ量と更新頻度」「ドメイン年齢」「HTMLが適正か」「バックリンク(他のサイトから評価されているか)」などなどです。この中から制作会社ができることは限られていて「SEOが得意です」など営業する制作会社は、ユーザーが知識がないことを理由に高いレベルで制作を提供をしているように感じます。

行政書士登録したのであれば、すぐにウェブページ制作会社から営業されたはずです。ですが、通常、制作会社は検索順位やアクセス数には責任を持ちません。制作会社は行政書士の先生方が気に入るデザインのウェブページを作るだけです。

制作会社は、「ロングテールSEO(細分化された検索ワードに対して上位を狙う)を行い、『横浜 中区 相続』(土地名の細分化はヒットしやすい傾向)などでヒットさせましょう」などの営業文句で我々に対して営業してきます。この営業文句を私なりに要約すると、「有益な記事を毎日1記事ぐらい書いていけば、1年後ぐらいに記事数も増えて上位獲得ができる記事が出てアクセス数が上がるかもしれません」です。

行政書士開業1年目に制作会社でウェブページを作成しSEO集客のみを期待していたらウェブによる受注はおそらく0になります。

当サイトでは、行政書士の登録が短ければ短いほどリスティング広告が必要だと考えています。理由も伏せてご提案させてください。ぜひお問い合わせください。