【SEOクイズ】「出口」と検索するとヤフーが1位なぜか?

行政書士コラム

行政書士コラム

退職代行業者を利用して退職した後に離職票がもらえなかったら

しっかりした勤め先であれば、辞める・辞めた社員のための手続きを滞りなくしてもらえますが、そうでない場合は、手続きを行ってくれるかは定かではありません。 また、退職代行の業者に依頼する場合は、ご自身と勤め先との関係性が悪いことが考えら...
行政書士コラム

社員から退職代行を使われた場合の会社側(事業主)の対応

退職代行を利用されたときの事業主の考え方 社員の退職を拒絶することはできないので、原則的には退職を認めることになります。 民法では2週間前に退職の意思を通知することになっています 社内規定に2週間よりも長い期間...
不動産

サブリース契約における相続税対策と不動産活用法のメリットとデメリット

「サブリース」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。賃貸住宅を建設して業者に丸ごと貸し出し、業者のブランド力で集客した賃料収入が見込めるとして、不動産投資の選択肢として注目を集めました。また、「サブリースは相続税対策になる」と言われるこ...
在留資格

配偶者ビザから永住権を取得するために確認するべき条件

永住許可の取得 在留資格「永住者」は、在留活動、在留期間のいずれも制限されないという点で、他の在留資格と比べて大幅に在留管理が緩和されます。このため、永住許可については、通常の在留資格の変更よりも慎重に審査する必要があることから、一...
不動産

遊休不動産の相続で検討するべき定期借地権などの土地活用方法

親族等の死亡により相続が起きた場合、不動産、預貯金といった積極財産から、借金を含む消極財産まで様々な財産や権利を引き継ぐことになります。今回は、その中でも、土地の相続について解説します。 相続する土地の種類と活用 種類 ...
在留資格

ビザ種類と期間の一覧(日本での就労と留学など)

在留資格(ビザ)とは 外国人は、日本に在留しようとする場合に、在留資格が必要で、在留するための理由と許可が必要になってきます。つまり日本に在留しようとする外国人は、原則として在留許可が必要となります。また、現在の在留資格から他の在留...
行政書士コラム

小規模事業者持続化補助金の事前確認を、飲食店オーナーから行政書士に求められたときのヒアリング項目と流れ

この記事の内容については事前に提出先に確認すること 行飲食店オーナーから補助金の事前確認を求められたとき、ヒアリングと確認のまとめ。 ヒアリング(小規模事業者持続化補助金) 小規模事業者持続化補助金(低感染リ...
不動産

換価分割と代償分割ってなに?不動産相続の遺産分割方法について詳しく解説

親族が亡くなり、マンションや一戸建てなどの不動産を相続することがあります。しかし、さまざまな手続きがあり、何から手をつけていいのかわからない方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、不動産相続に必要な基礎知識や不動産相続の基本的...
在留資格

在留手続き・帰化手続きの一覧(簡単に説明)

在留手続き・帰化手続き 在留資格認定証明書交付申請(新規取得) 海外から外国人を日本へ招きたい場合に申請します。たとえば、日本で料理店を開く場合、海外からコックを日本に招くような場合です。 在留期間更新許可申請 現...
行政書士コラム

退職代行業者のサービスと金額の比較検討

あなたに代わって退職の手続きを「勤め先」に行うのが退職代行サービスです。あなたの求める退職方法によって「利用できる退職代行業者」が異なります。 退職代行を使わずに、書面通知で退職するキット(BASEで購入1000円) 退職代行...
在留資格

「ベトナム国際結婚相談所」で交際し「婚姻届け」と「配偶者ビザ取得」までの流れ

ベトナム国際結婚相談所を利用する人に対して、出来るだけ簡単に説明するための記事です。ビザと在留資格などの細かい区別や例外は排除し説明しています。 ベトナム国際結婚相談所には大きく2種類ある 在日ベトナム女性人とのマッチング...
引用可能記事

補助金・助成金の違い と 補助金の種類

補助金と助成金の違い どちらも国や地方公共団体から支給されるお金ですが、財源の違いから名称が分かれています。 助成金の財源 助成金の財源は「雇用保険料」です。雇用保険の適用事業者が助成金を申請することができます。...